読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろふさん絵描き歌 by JavaFX

このエントリはいろふ Advent Calendar ではなくて、JavaFX Advent Calendar の 12/14 担当分になります。

昨日は mike_neck さんの JavaFXでGroovyのVetoableが機能するか試してみた です。

ということで、いろふさんのアイコンを描いてみましょう!!

というのも、ゆきーんさんが HTML 5 の Canvas でいろふアイコンを描いていたので、これは JavaFX でも描かなくてはということなわけです。

JavaFX で描画といったら Shape ですよね。最近になって HTML 5 と同じように Canvas も導入されましたけど...

ということで、描いてみました。

まずは枠線。単純に四角形です。

        Group root = new Group();

        // 枠線
        Rectangle rectangle = new Rectangle(0, 0, 300, 300);
        rectangle.setStrokeWidth(5.0);
        rectangle.setStroke(Color.BLACK);
        rectangle.setFill(Color.WHITE);
        root.getChildren().add(rectangle);

次に輪郭。輪郭は Arc クラスをつかうこともできますが、口の部分とつなげたいので Path クラスで描いていきます。Path クラスは XXXXTo クラスで線をつなげていきます。

始点は MoveTo で、円弧は ArcTo です。ArcTo のプロパティが HTML 5 の Canvas と違うので、ちょっと苦労しました ^ ^;;

        // 輪郭
        Path path = new Path();
        path.setStrokeWidth(10.0);
        path.setStroke(Color.BLACK);
        // 枠線を越えないようにクリッピングする
        path.setClip(new Rectangle(0, 0, 300, 300));

        // 輪郭の始点
        path.getElements().add(new MoveTo(126.5, 267));
        // 円弧
        ArcTo arc = new ArcTo();
        arc.setX(146); arc.setY(184.5);
        arc.setRadiusX(117); arc.setRadiusY(117);
        arc.setLargeArcFlag(true);
        path.getElements().add(arc);

そして、口。口は直線なので、LineTo です。最後に閉じたパスにするため CloseTo を使います。

        // 口の部分の直線
        path.getElements().add(new LineTo(210, 255));
        // パスを閉じる
        path.getElements().add(new ClosePath());
        root.getChildren().add(path);

次に吹き出し。ここも Path を使ってます。吹き出しの飛び出ている部分はベジェ曲線 CubicCurveTo を使ってます。

        // 吹き出し
        path = new Path();
        path.setStrokeWidth(10.0);
        path.setStroke(Color.BLACK);
        path.getElements().add(new MoveTo(50, 30));
        path.getElements().add(new LineTo(153, 30));
        arc = new ArcTo();
        arc.setX(153); arc.setY(90);
        arc.setRadiusX(30); arc.setRadiusY(30);
        arc.setSweepFlag(true);
        path.getElements().add(arc);
        path.getElements().add(new LineTo(105, 90));
        // 吹き出しの飛び出ている部分はベジェ曲線で記述
        path.getElements().add(new CubicCurveTo(105, 90, 90, 105, 129, 141));
        path.getElements().add(new CubicCurveTo(90, 135, 66, 120, 81, 90));
        path.getElements().add(new LineTo(57, 90));
        arc = new ArcTo();
        arc.setX(50); arc.setY(30);
        arc.setRadiusX(30); arc.setRadiusY(30);
        arc.setSweepFlag(true);
        path.getElements().add(arc);
        root.getChildren().add(path);

吹き出しの中の点は Circle です。

        // 吹き出しの点
        Circle circle = new Circle(51, 60, 5, Color.BLACK);
        root.getChildren().add(circle);
        circle = new Circle(84, 60, 5, Color.BLACK);
        root.getChildren().add(circle);
        circle = new Circle(120, 60, 5, Color.BLACK);
        root.getChildren().add(circle);
        circle = new Circle(154, 60, 5, Color.BLACK);
        root.getChildren().add(circle);

最後に目。これも Circle。

        // 目
        circle = new Circle(255, 204, 15);
        circle.setFill(null);
        circle.setStroke(Color.BLACK);
        circle.setStrokeWidth(10);
        root.getChildren().add(circle);

これで完成!!