読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JCConf で JavaFX について発表してきた

JavaFX Swing

この記事は、JavaFX Advent Calendar 2015 の 8 日目の記事です。

昨日は id:aoe-tk さんの JavaFX9に追加される機能が増えるかもしれません でした。

台湾の JUG である TWJUG が主催している JCConf で CfP をしていたので、軽い気持ちで応募したら受かっちゃいました。JCConf は、JJUG でいうところの CCC のようなカンファレンスです。

日本でも話したことがないことを話すつもりはないので、Swing から JavaFXマイグレーションの話をすることにしました。

資料はもともと英語で作っているので、そのままでいいやと思っていたのですが... 見直してみたら、やっぱりここも直したい、あそこも直したいで半分ぐらい手を入れてしまいました。

そのせいで、喋りの準備が全然できなかったというのは、言い訳にしかすぎないんですけどね。

いちおう、原稿は作って、そのキーワードを抜き出したカンペを作ってスマホですぐに見られるようにしていたのですが、やっぱりそれを見る余裕はありませんでした ><

で、資料はこちら。

Swing がメインテナンスモードだし、もうこれから新しい機能は入らないから、Swing から JavaFX に移行することを考えようという内容です。

マイグレーションの例を 2 つ、ライブコーディングしようとしていたのですが、実際には 1 つ目の簡単な例だけでかなり時間を食ってしまって、2 つ目はライブではできませんでした。

そのせいもあって、後半はグダグダ。英語のプレゼンはもっと入念に練習しないとダメですね。

喋っている時は気がつかなかったのですが、Q&A の時に JRuby の Charles Nutter さんが聞いているのに気がつきました!!!

話している時に気がつかなくてよかった!気がついていたら、緊張してなおさらグダグダになってしまうところでした。

講演の後、ちょっとだけ話をして、おもしろかったといってもらえたので、よかったです。

ちなみに、台湾での JavaFX の認知度は低かったようです。というか、やっぱりサーバーサイドの人がほとんどで、Swing を使ったこともないという人ばかりでした。セッションの後、TWJUG の @kojilin さんとも喋ったのですが、台湾ではデスクトップアプリを Java で作るということはあまりないようですね。

まぁ、日本でもそんなにメジャーというわけではないですが、こういうセッションをやるとかなりの割合の人が Swing を使っていたりするのですが...

今日は JavaFX の技術的な話はぜんぜんないですけど、まぁこういうエントリーがあってもいいでしょう ^ ^;;

明日の Advent Calendar は空きなので、誰か埋めて!!