読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第 7 回 JavaFX 勉強会

JavaFX

7/2 に JavaFX 勉強会 を開催しました。

当日はいつものように Oracle に会場を貸していただきました。ありがとうございます。

また、Ustream 職人の @yusukey さんにストリーミング、Togetter は @kimukou2628 さんにまとめていただきました。ありがとうございます!!

Togetter http://togetter.com/li/330960

前半、片貝さんが NetBeans、私が Scene Builder という JavaFX の 2 大ツールについて説明をおこないました。

NetBeans はもうすぐ 7.2 がリリースされるので、7.2 の話題がメインでした。7.2 ではパフォーマンスの改善と、エディタ周りが強化されるようです。

JavaFX に関する部分だと、Scene Builder との連携ができるようになったことや、CSSJavaFX 対応ができたことなどがあります。

後半は、5 人の方に LT をしていただきました。

まず、 @aoetk さんは Mac の話。

特にネイティブバンドルは情報がまだ少ないだけに貴重です。JDK が全部入るというのも、Jigsaw が入ればどうにかなると思うんですけどね。

Jigsaw はすでに Developer Preview が出ているので、ぜひ確かめて欲しいなぁ。

次は @mike_neck さんの JavaFXJavaScript のテストの話。

LT は 5 分なのに 75 枚というのは...

私も blog で書きましたけど、JavaScript のテストに JavaFX は結構使えそうです。

3 番手が @taiz77 さんの JavaFX での画面遷移に関して。

画面遷移のライブラリとして、JFXFLow を紹介され、その後 @taiz77 さんが開発されている JavaFX アプリケーションフレームワーク Creamy について。

時間が足りなくて (というか JFXFLow に時間をかけすぎましたね) 十分に紹介できなかったのが残念でした。ぜひ、どこかでちゃんと紹介して欲しいです。

4 番手が @kimukou2628 さんの Griffon での JavaFX について。

Griffon10 in groovy_fx
View more presentations from kimukou_26   

JavaFX Script 世代の櫻庭にしてみると、GroovyFX はかなりいいですね。FXML も扱えるので、FXML の補完的に使うのがいいかもしれません。

さて、最後の寺田さん。

エンタープライズアプリケーションのクライアントとしての JavaFX について。

JavaFX Enterprise
View more presentations from Oracle Fusion Middleware

Application Client Container を使っていたのですが、その後 @nekop

といわれてしまって、寺田さんかたなしですよ ^ ^;;

さて、私のセッションですが、Scene Builder がメインです。でも、ATND の参加者一覧を見ていると初心者の方も多いようでしたので、Scene Builder が扱う FXML についての説明をはじめにしました。

Scene BuilderでFXML
View more presentations from skrb

とはいいつつ、資料は Scene Builder についてはほとんど書いてません ^ ^;; ツールの説明は実際にやってみた方がいいと思って、ライブコーディングをしたのでした。

ところで、本題が Scene Builder だったので、あまりちゃんと説明しなかったのですが、FXML に対応するクラスを JavaFX ではコントローラ (Controller というクラスがあるわけではないです) と呼びます。

これがすごい違和感を感じるわけです。私自身は Java が登場する前に、SmalltalkMVC を覚えたくちなので、C はそこじゃないだろうと思うわけです。

コントローラと呼ぶことによって、いろいろと誤解されてしまうように思うんですが...

まぁ、それはそれとして、今回は参加者が多くて、ほんとによかったです。80 名が入る部屋がいっぱいになったのは、JavaFX 勉強会でははじめて。それだけ、JavaFX が注目されていることだと思います。

そういえば、来月から ITpro の連載 で、JavaFX 2.x を取りあげることにしました。現状、日本語の JavaFX の情報はかなり少ないのですが、その状況を打破すべくがんばります。