読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第 2 回 JavaFX 勉強会で話すこと

JavaFX

櫻庭はアニメーションについて話をします。

といっても、話したいのはキャラクターが動いたり、ゲーム的なアニメーションなどではありません。

ラベルやボタンやテーブルなどで構成される、ごくごく普通の GUI アプリケーションでアニメーションを使うということです。

ここ最近のアプリケーションではアニメーションは必須になってきています。アニメーションを効果的に使うことで、ユーザビリティを向上させることが可能になります。

たとえば、メニューバーの項目をクリックすると、メニューがパッと表示されるのではなく、メニューがメニューバーの下から引き出されるようにするアニメーションを加えることで、メニューバーの項目とメニューの関連が分りやすくなります。

しかし、アニメーションを安易に使うと、逆にユーザビリティを下げてしまうこともあります。

たとえば、操作中に長々としたアニメーションを見せられると、それだけでやる気が失せてしまいますよね。しかも、そのアニメがスキップできなかったり、アニメが表示されている間他の操作ができなくなっていたりしたら、最悪です。

ということで、アニメーションを活かしてユーザビリティを向上させるためにはどうすればいいのかというところを探っていこうと思っています。

もちろん、JavaFX 初心者のために、前半はアニメーションの基礎について説明する予定です。

ぜひ、ご参加ください。